イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『大上段に構える』のイラスト

投稿日:

大上段に構える

『大上段に構える』のイラストです。

意味は、相手を威圧するような態度を取ることや、ことさらに大げさな態度をとることです。

例を一つ紹介します。

・そんなに大上段に構えることはなく、手の届くところからはじめるといい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『曲がりなりにも』のイラスト

曲がりにも 『曲がりなりにも』の慣用句イラストです。 意味は、不十分ではあるものの、どうにかこうにか、ということです。 例を一つ紹介します。 ・曲がりなりにも人の親なので、泣く子供のあやし方くらいはし …

『弁が立つ』のイラスト

弁が立つ 『弁が立つ』の慣用句イラストです。 意味は、演説や話が上手であることです。 例を一つ紹介します。 ・普段は普通な彼だが、いったん演説を始めるとあれほど弁が立つ人は見たことががない。

『太鼓判を押す』のイラスト

太鼓判を押す 『太鼓判を押す』のイラストです。 意味は、絶対に間違いないと保証することです。 例を一つ紹介します。 ・彼女ならどこに行っても成功するだろうと、太鼓判を押した。

野次を飛ばす

『野次を飛ばす』のイラスト

野次を飛ばす 『野次を飛ばす』の無料素材イラストです。 意味は、相手を大声で非難したり冷やかしたりすることです。 例を一つ紹介します。 ・チャンピオンが負けたので、観客は野次を飛ばした。

『流れに棹差す(ながれにさおさす)』のイラスト

流れに棹差す 『流れに棹差す(ながれにさおさす)』のイラストです。 意味は、時流に乗って世の中をうまく渡ることや、物事が思い通りに進むことをいいます。 例を一つ紹介します。 ・今の流れに棹差して、どう …

スポンサーリンク

スポンサーリンク