イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『大上段に構える』のイラスト

投稿日:

大上段に構える

『大上段に構える』のイラストです。

意味は、相手を威圧するような態度を取ることや、ことさらに大げさな態度をとることです。

例を一つ紹介します。

・そんなに大上段に構えることはなく、手の届くところからはじめるといい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『箔がつく』のイラスト

箔がつく 『箔がつく』の慣用句イラストです。 意味は、値打ちが付くことや、貫禄が付くことです。 例を一つ紹介します。 ・教授になることで、彼の経歴に箔がついた。

『王手を掛ける』のアニメーション

王手を掛ける 『王手を掛ける』のアニメーションです。 意味は、勝利や成功まで、もう一歩の状態にすることです。 例をひとつ紹介します。 ・この勝利を得たことで、優勝に王手を掛けた。

『血と汗の結晶』のイラスト

血と汗の結晶 『血と汗の結晶』のイラストです。 意味は、苦労したり努力した結果として成し遂げた物事のことです。 例を一つ紹介します。 ・この作品は長年たゆまぬ努力で続けた私の血と汗の結晶である。

『鍔迫り合いを演じる』のイラスト

鍔迫り合いを演じる 『鍔迫り合いを演じる』のイラストです。 意味は、同じくらいの能力や勢力の者同士が激しく争うことです。 例を一つ紹介します。 ・選挙で与野党の候補が激しい鍔迫り合いを演じている。

『筆が滑る』のイラスト

筆が滑る 『筆が滑る』の慣用句イラストです。 意味は、書くべきではないことを、うっかり書いてしまうことです。 例を一つ紹介します。 ・つい筆が滑って友達を怒らせてしまった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク