イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『乃公出でずんば(だいこういでずんば)』のイラスト

投稿日:

乃公出でずんば

『乃公出でずんば(だいこういでずんば)』のイラストです。

意味は、もし自分が出なければ、他のものに何ができるというのか、ということです。

例を一つ紹介します。

・他の連中には任せておけないので乃公出でずんばの気持ちで立候補した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『手が掛かる』のイラスト

手が掛かる 『手が掛かる』のイラストです。 意味は、時間と労力が掛かることや、世話が焼けることです。 例を一つ紹介します。 ・君はすぐに体調をこわして手が掛かる子だったよ。

犬に論語のイラスト

犬に論語 犬に論語のイラストです。わからないものに何をいっても効果もなく無駄なことのたとえです。

冥土の土産

『冥土の土産』のイラスト

冥土の土産 『冥土の土産』の慣用句イラストです。 意味は、あの世へもっていくものです。 例を一つ紹介します。 ・この際だから、冥土の土産に教えてやるよ。

『二足の草鞋を履く』のイラスト

二足の草鞋を履く 『二足の草鞋を履く(にそくのわらじをはく)』のイラストです。 意味は、同じ人が、両立しないような二種類の仕事を兼ねることをたとえた言葉です。 例を一つ紹介します。 ・人が足りないので …

『敷居が高い』のイラスト

敷居が高い 『敷居が高い』のイラストです。 意味は、相手に面目ないことをしているなどの理由でその人の家を訪ねにくいことです。 例を一つ紹介します。 ・世話になったにもかかわらず、恩を返せていないので先 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク