イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『大なり小なり』のイラスト

投稿日:

大なり小なり

『大なり小なり』のイラストです。

意味は、大きいか小さいかは別にしても…ということです。

例を一つ紹介します。

・あの人からは、誰もが大なり小なり影響を受けている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『太鼓判を押す』のイラスト

太鼓判を押す 『太鼓判を押す』のイラストです。 意味は、絶対に間違いないと保証することです。 例を一つ紹介します。 ・彼女ならどこに行っても成功するだろうと、太鼓判を押した。

『付かず離れず』のイラスト

付かず離れず 『付かず離れず』のイラストです。 意味は、近づき過ぎず、また離れもせずに程よい関係で接することです。 例を一つ紹介します。 ・我々はこのまま付かず離れずの関係を保ちたいと考える。

『果が行く(はかがいく)』のイラスト

果が行く 『果が行く(はかがいく)』の慣用句イラストです。 意味は、仕事などが順調に進むことです。 「果」は「捗」とも書きます。 例を一つ紹介します。 ・今日の仕事はずいぶんと果が行った。

『ペンを折る』のイラスト

ペンを折る 『ペンを折る』の慣用句イラストです。 意味は、文筆活動をやめることです。 例を一つ紹介します。 ・この作品を最後にペンを折るかな…。

『警鐘を鳴らす』のイラスト

警鐘を鳴らす 『警鐘を鳴らす』のイラストです。 意味は、よくないことが起きそうだと人々に注意を促すことです。 例をひとつ紹介します。 ・格差の広がりが、国の将来を危うくすると警鐘を鳴らす。

スポンサーリンク

スポンサーリンク