イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『どういう風の吹き回しか』のイラスト

投稿日:

どういう風の吹き回しか

『どういう風の吹き回しか』のイラストです。

意味は、普段とは違い、どんな弾みでこのようになったのか…ということです。

例を一つ紹介します。

・普段は腕白な彼が、今日は礼儀正しいがどういう風の吹き回しか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『相手にとって不足はない』のイラスト

相手にとって不足はない 『相手にとって不足はない』のイラストです。 意味は、相手の力量も相当で、自分と競い合うのに十分だ。 例をひとつ紹介します。 ・前年チャンピオンとは、相手にとって不足はないな。

『スタートを切る』のイラスト

スタートを切る 『スタートを切る』のイラストです。 意味は、出発する、または新しく物事をはじめることです。 例を一つ紹介します。 ・新しい土地に来て、第二の人生のスタートを切る。  

『警鐘を鳴らす』のイラスト

警鐘を鳴らす 『警鐘を鳴らす』のイラストです。 意味は、よくないことが起きそうだと人々に注意を促すことです。 例をひとつ紹介します。 ・格差の広がりが、国の将来を危うくすると警鐘を鳴らす。

埒が明かない

『埒が明かない』のイラスト

埒が明かない 『埒が明かない』の慣用句イラストです。 意味は、物事の決着がつかないことです。 例を一つ紹介します。 ・君と話していては、いつまでたっても埒が明かない。

『図に当たる』のイラスト

図に当たる 図に当たるのイラストです。 意味は、物事が予想した通りに進むことです。 例を一つ紹介します。 ・これだけの売上があがったのも、私の企画が図に当たったということになる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク