イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『どういう風の吹き回しか』のイラスト

投稿日:

どういう風の吹き回しか

『どういう風の吹き回しか』のイラストです。

意味は、普段とは違い、どんな弾みでこのようになったのか…ということです。

例を一つ紹介します。

・普段は腕白な彼が、今日は礼儀正しいがどういう風の吹き回しか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『曲がりなりにも』のイラスト

曲がりにも 『曲がりなりにも』の慣用句イラストです。 意味は、不十分ではあるものの、どうにかこうにか、ということです。 例を一つ紹介します。 ・曲がりなりにも人の親なので、泣く子供のあやし方くらいはし …

『香を聞く』のイラスト

香を聞く 『香を聞く(こうをきく)』のイラストです。 意味は、香をたいてその香りを嗅ぐことです。 例を一つ紹介します。 ・自宅では香を聞くことが日常になっている。

『恋の鞘当て』のイラスト

恋の鞘当て 『恋の鞘当て(こいのさやあて)』のイラストです。 意味は、恋敵同士が争うことです。 例をひとつ紹介します。 ・俺のために2人の女性が恋の鞘当てを繰り広げてる。

『肺腑を衝く(はいふをつく)』のイラスト

肺腑を衝く 『肺腑を衝く(はいふをつく)』の慣用句イラストです。 意味は、心の奥にまで深い感銘を与える、深く感動させることです。 例を一つ紹介します。 ・迫力のある演奏が聴衆の肺腑を衝く。

『采配を振る』のイラスト

采配を振る 『采配を振る』のイラストです。 意味は、指図をする、指揮を執ることです。 例を一つ紹介。 ・日本代表の新しい監督が、どのように采配を振るのかが見ものである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク