イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『火が消えたよう』のイラスト

投稿日:

火が消えたよう

『火が消えたよう』の慣用句イラストです。

意味は、活気などが失われ、寂しいようすのことをいいます。

例を一つ紹介します。

・昔は人がごった返していたが、最近は火が消えたように誰もいない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『太鼓を持つ』のイラスト

太鼓を持つ 『太鼓を持つ』のイラストです。 意味は、相手の機嫌を取るため、その人の話に調子を合わせることです。 例を一つ紹介します。 ・得意先のお偉いさんの太鼓を持つのが得意です。

『法に照らす』のイラスト

法に照らす 『法に照らす』の慣用句イラストです。 意味は、法律に照らし合わせることです。 例を一つ紹介します。 ・この問題について改めて法に照らしてもらおうと相談した。

『無きにしも非ず』のイラスト

無きにしもあらず 『無きにしも非ず(なきにしもあらず)』のイラストです。 意味は、全く無いというわけではないことです。 例を一つ紹介します。 ・失敗がかなり続いてはいるが、かといって成功の可能性は無き …

『分がある』のイラスト

分がある 『分がある』の慣用句イラストです。 意味は、優勢であることや、勝ちそうであることです。 例を一つ紹介します。 ・今回の勝負はワシに分があるようじゃな。

『現を抜かす』のイラスト

現を抜かす 『現を抜かす(うつつをぬかす)』のイラストです。 意味は、夢中になることで、物事に熱中して心を奪われることです。 例をひとつ紹介します。 ・息子はVRのゲームに現を抜かし、ちっとも晩御飯を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク