イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『十指に余る』のイラスト

投稿日:

十指に余る

『十指に余る』のイラストです。

意味は、数が十より多い、両手の指だけでは数えきれないことです。

例を一つ紹介します。

・彼は優勝してきた数が十指に余る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『ずきが回る』のイラスト

『ずきが回る』のイラストです。 意味は、犯人などが目を付けられることです。 例を一つ紹介します。 ・ここまで来てとうとうずきが回ったか…

『顔が売れる』のイラスト

顔が売れる 『顔が売れる』のイラストです。 意味は、世間に広く知られることです。 例をひとつ紹介します。 ・僕の美しさがテレビで特集されたおかげで顔が売れちまった。

『手が掛かる』のイラスト

手が掛かる 『手が掛かる』のイラストです。 意味は、時間と労力が掛かることや、世話が焼けることです。 例を一つ紹介します。 ・君はすぐに体調をこわして手が掛かる子だったよ。

自棄のやん八

『自棄のやん八(やけのやんぱち)』のイラスト

自棄のやん八 『自棄のやん八(やけのやんぱち)』のイラストです。 意味は、自暴自棄になることを強調して、語呂がいいように人名めかした言葉のことです。 例を一つ紹介します。 ・こんちきしょう!こうなった …

『馬脚を現す』のイラスト

馬脚を現す 『馬脚を現す』の慣用句イラストです。 意味は、隠していた本性が現れることです。 例を一つ紹介します。 ・彼はなにもわかっていないので、質問をすればすぐに馬脚を現すだろうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク