イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『濡れ手で粟』のイラスト

投稿日:

濡れ手で粟

『濡れ手で粟(ぬれてであわ)』のイラストです。

意味は、何も苦労することもなく、お金を儲けたり利益を得たりすることのたとえです。

例を一つ紹介します。

・株式投資により、濡れ手で粟の大儲けが理想なのである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『水火も辞せず』のイラスト

水火も辞せず 『水火も辞せず(すいかもじせず)』のイラストです。 意味は、どんな困難や苦しみもいとわないことです。 例を一つ紹介します。 ・愛する彼女のためなら、水火も辞せず働く気になる。

『二股をかける』のイラスト

二股をかける 『二股をかける』の慣用句イラストです。 意味は、同時にふたつの目的を遂げようとする、または結果がどちらに転んでもいいように一方に決めず両方に関係をつけておくことです。 例を一つ紹介します …

『肯綮に中る(こうけいにあたる)』のイラスト

肯綮に中る 『肯綮に中る(こうけいにあたる)』のイラストです。 意味は、物事の最も大事な点を押さえていることです。 例をひとつ紹介します。 ・肯綮に中る指摘を、こどもから教えてもらった。

矢面に立つ

『矢面に立つ』のイラスト

矢面に立つ 『矢面に立つ』の慣用句イラストです。 意味は、批判や非難を集中的に浴びる立場に身をおくことです。 例を一つ紹介します。 ・自らが批判の矢面に立つことを覚悟したのです。

『弁が立つ』のイラスト

弁が立つ 『弁が立つ』の慣用句イラストです。 意味は、演説や話が上手であることです。 例を一つ紹介します。 ・普段は普通な彼だが、いったん演説を始めるとあれほど弁が立つ人は見たことががない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク