イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『先を読む』のイラスト

投稿日:

先を読む

『先を読む』のイラストです。

意味は、これから先に起こることを予測することです。

例を一つ紹介します。

・一流になるには先を読むことが大切だよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『桁が違う』のイラスト

桁が違う 『桁が違う』のイラストです。 意味は、比較の対称にならないほどの差があることです。 例をひとつ紹介します。 ・あそこの家の小遣いは、世間一般とは桁が違う。

『血が繋がる』のイラスト

血が繋がる 『血が繋がる』のイラストです。 意味は、血縁関係にあることです。 例を一つ紹介します。 ・実際は血が繋がっていないのだが、どこか他人という気がしないのはなぜだろう。  

『顔が潰れる』のイラスト

顔が潰れる 『顔が潰れる』のイラストです。 意味は、名誉が傷つけられるということです。 例をひとつ紹介します。 ・仕事の実績を残さないと、先輩として顔が潰れる。

『先を越す』のイラスト

先を越す 『先を越す』のイラストです。 意味は、相手よりも先に物事を行うことです。 例を一つ紹介します。 ・今回はライバルの先を越して、ゴールに辿り着いた。

『幕が開く』のイラスト

幕が開く 『幕が開く』の慣用句イラストです。 意味は、物事が始まることです。 例を一つ紹介します。 ・いよいよ待ちに待った憧れのバンドのライブの幕が開く。

スポンサーリンク

スポンサーリンク