イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『対岸の火事』のイラスト

投稿日:

対岸の火事

『対岸の火事』のイラストです。

意味は、自分には関係なく、また被害が及ぶこともない事件や出来事のたとえのことです。

例を一つ紹介します。

・隣国で起きた事件は、我が国にとって対岸の火事とは言っている時代ではない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『絵になる』のイラスト

絵になる 『絵になる』のイラストです。 意味は、姿や振る舞いなどが、その場の雰囲気に馴染んでいて似つかわしいことです。 例をひとつ。 ・地味な服を着ていても、いい男なだけあって絵になる。

『先を読む』のイラスト

先を読む 『先を読む』のイラストです。 意味は、これから先に起こることを予測することです。 例を一つ紹介します。 ・一流になるには先を読むことが大切だよ。

『負けず劣らず』のイラスト

負けず劣らず 『負けず劣らず』の慣用句イラストです。 意味は、互いに優劣が付けられないくらいであるようすのことです。 例を一つ紹介します。 ・彼は間違いなくヒーローだが、その弟も負けず劣らず優秀である …

『猫を被る』のイラスト

猫を被る 『猫を被る』のイラストです。 意味は、本性を隠しておとなしいように見せかけたり、知らないふりをすることをいいます。 例を一つ紹介します。 ・あの子は親の前では猫を被っているのだが、外にでると …

『顔が潰れる』のイラスト

顔が潰れる 『顔が潰れる』のイラストです。 意味は、名誉が傷つけられるということです。 例をひとつ紹介します。 ・仕事の実績を残さないと、先輩として顔が潰れる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク