イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『対岸の火事』のイラスト

投稿日:

対岸の火事

『対岸の火事』のイラストです。

意味は、自分には関係なく、また被害が及ぶこともない事件や出来事のたとえのことです。

例を一つ紹介します。

・隣国で起きた事件は、我が国にとって対岸の火事とは言っている時代ではない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『気が多い』のイラスト

気が多い 『気が多い』のイラストです。 意味は、興味や関心が多方面に移っていくことです。 例をひとつ紹介します。 ・ぼくは気が多いので様々なスポーツを嗜んでいる。

『吠え面をかく』のイラスト

吠え面をかく 『吠え面をかく』の慣用句イラストです。 意味は、泣きっ面をすることです。 例を一つ紹介します。 ・そんな偉そうなことばかり言ってるから、吠え面をかくことになったんだよ。

『泣きっ面に蜂』のイラスト

泣きっ面に蜂 『泣きっ面に蜂(なきっつらにはち)』のイラストです。 意味は、もともと困っているところに、さらに困難が起きてしまうことです。 例を一つ紹介します。 ・歯が痛いところに、熱まででてきたなん …

『下衆の勘繰り』のイラスト

下衆の勘繰り 『下衆の勘繰り』のイラストです。 意味は、心が卑しい人は、何かと下品な邪推をするものだということです。 例をひとつ紹介します。 ・裏であの人達はつながっていると、下衆の勘繰りをしてみた。

『歯切れがいい』のイラスト

歯切れがいい 『歯切れがいい』の慣用句イラストです。 意味は、物の言い方が明確で、また、内容もハッキリしていることです。 例を一つ紹介します。 ・核心部分を避けた協議会の声明は、とうてい歯切れがいいも …

スポンサーリンク

スポンサーリンク