イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

ことわざ・慣用句

『余勢を駆る』のイラスト

投稿日:

余勢を駆る

余勢を駆る

余勢を駆る

『余勢を駆る』の慣用句イラストです。

意味は、何かを成し遂げたその勢いのままに、次のことに取り掛かることです。

例を一つ紹介します。

・首相は選挙で圧勝した余勢を駆って、次々と法案を提出している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ことわざ・慣用句
-

関連記事

『二の足を踏む』のイラスト

二の足を踏む 『二の足を踏む』のイラストです。 意味は、ためらうことや、尻込みをすることです。 例を一つ紹介します。 ・再び失敗してしまってはと思うと、どうしても二の足を踏んでしまうのだ。

『大きな顔をする』のイラスト

『大きな顔をする』のイラストです。 意味は、威張った顔つきや態度をとることをいいます。 例をひとつ紹介します。 ・ベテランが威張り散らし大きな顔をするので僕は縮こまった。

『スタートを切る』のイラスト

スタートを切る 『スタートを切る』のイラストです。 意味は、出発する、または新しく物事をはじめることです。 例を一つ紹介します。 ・新しい土地に来て、第二の人生のスタートを切る。  

『清濁併せ呑む』のイラスト

清濁併せ呑む 『清濁併せ呑む(せいだくあわせのむ)』のイラストです。 意味は、善悪の分け隔てなく、来るもの全てを受け入れることです。 例を一つ紹介します。 ・彼には清濁併せ呑むような懐の大きさがある。

『大目に見る』のイラスト

大目に見る 『大目に見る』のイラストです。 意味は、相手の不正や過失など深く咎めだてせずに、寛大に扱うことです。 例をひとつ紹介します。 ・じっちゃんの大切な鉢を壊してしまったが、大目に見てくれた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク