イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

「 す 」 一覧

『砂を噛むよう』のイラスト

2018/11/06   -ことわざ・慣用句
 

砂を噛むよう 『砂を噛むよう』のイラストです。 意味は、味や面白みが少しもなく、無味乾燥に感じるようすのことです。 例を一つ紹介します。 ・試験に向けて勉強しかしてこなかったが、砂を噛むような日々もこ …

『図に当たる』のイラスト

2018/11/06   -ことわざ・慣用句
 

図に当たる 図に当たるのイラストです。 意味は、物事が予想した通りに進むことです。 例を一つ紹介します。 ・これだけの売上があがったのも、私の企画が図に当たったということになる。

『捨てたものではない』のイラスト

2018/11/05   -ことわざ・慣用句
 

捨てたものではない 『捨てたものではない』のイラストです。 意味は、捨ててもいいと思えるほど価値がないように見えて、まだ見込みがあることです。 例を一つ紹介します。 ・いつもはヤンチャな彼だが、捨て猫 …

『すったもんだ』のイラスト

2018/11/05   -ことわざ・慣用句
 

すったもんだ 『すったもんだ』のイラストです。 意味は、話し合いなどが揉めて、なかなかまとまらないことです。 例を一つ紹介します。 ・数時間にわたるすったもんだの挙げ句にも、いまだ意見が一致しない。

『頭痛の種』のイラスト

2018/11/05   -ことわざ・慣用句
 

頭痛の種 『頭痛の種』のイラストです。 意味は、心配や悩みの原因となるもののことです。 例を一つ紹介します。 ・大きくなった借金をどうやって返済するのかが頭痛の種である。

『スタートを切る』のイラスト

2018/11/05   -ことわざ・慣用句
 

スタートを切る 『スタートを切る』のイラストです。 意味は、出発する、または新しく物事をはじめることです。 例を一つ紹介します。 ・新しい土地に来て、第二の人生のスタートを切る。  

『雀の涙』のイラスト

2018/11/04   -ことわざ・慣用句
 

雀の涙 雀の涙のイラストです。 意味は、極めて少ないことのたとえです。 例を一つ紹介します。 ・ボーナスは雀の涙だが、もらえないよりはマシだ。

『筋書き通り』のイラスト

2018/11/04   -ことわざ・慣用句
 

筋書き通り 『筋書き通り』のイラストです。 意味は、前もって仕組んでおいた計画通りにことが運ぶことです。 例を一つ紹介します。 ・ここまでは筋書き通りに進んでいる。

『救いがない』のイラスト

2018/11/04   -ことわざ・慣用句
 

救いがない 『救いがない』のイラストです。 意味は、わずかな希望も見出すことができず、やりきれない思いを抱かせることです。 例を一つ紹介します。 ・このままチャンスをもらえないなんて、この世界はあまり …

『ずきが回る』のイラスト

2018/11/03   -ことわざ・慣用句
 

『ずきが回る』のイラストです。 意味は、犯人などが目を付けられることです。 例を一つ紹介します。 ・ここまで来てとうとうずきが回ったか…

スポンサーリンク

スポンサーリンク