イラストフリーのガガガ

当サイトのイラストは個人・商用フリーです。登録不要で手軽にお使いください。

「 ね 」 一覧

『ネタが上がる』のイラスト

2018/12/06   -ことわざ・慣用句
 

ネタが上がる 『ネタが上がる』の慣用句イラストです。 意味は、証拠が見つかることです。 例を一つ紹介します。 ・彼がやったというネタが上がったのだから、もう逃げれないだろう。

『ネジを巻く(ねじをまく)』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

螺子を巻く 『ネジを巻く、螺子を巻く(ねじをまく)』のイラストです。 意味は、だらけた人を注意したり、その気持を引き締めることです。 例を一つ紹介します。 ・気が抜けている生徒の螺子を巻く。

『螺子が緩む(ねじがゆるむ)』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

螺子が緩む 『螺子が緩む(ねじがゆるむ)』のイラストです。 意味は、緊張感がなくなることや、気持ちがたるむことを言います。 例を一つ紹介します。 ・厳しい先生がまったくいないと、生徒たちの螺子が緩むこ …

『猫を被る』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

猫を被る 『猫を被る』のイラストです。 意味は、本性を隠しておとなしいように見せかけたり、知らないふりをすることをいいます。 例を一つ紹介します。 ・あの子は親の前では猫を被っているのだが、外にでると …

『猫も杓子も』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

猫も杓子も 『猫も杓子も(ねこもしゃくしも)』のイラストです。 意味は、どんな人も、だれもかれも、のことです。 猫も杓子も、の猫は神主、杓子は僧侶から来た説や、猫が女で杓子が子供という説、猫は寝子で杓 …

『寝覚めが悪い』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

寝覚めが悪い 『寝覚めが悪い』のイラストです。 意味は、自分が過去に行った悪事を思い出し、良心がとがめることです。 例を一つ紹介します。 ・今後、寝覚めが悪い思いをするくらいなら、思い切って白状したほ …

『猫の目のよう』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

猫の目のよう 『猫の目のよう』のイラストです。 意味は、物事が変化しやすいことのたとえです。 例を一つ紹介します。 ・社長の考えが猫の目のように変わっていくことについていけない。

『猫の額』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

猫の額 『猫の額』のイラストです。 意味は、土地や場所がとても狭いことのたとえです。 例を一つ紹介します。 ・猫の額ほどの我が家だが、とても落ち着くし気に入っている。

『猫の子一匹いない』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

猫の子一匹いない 『猫の子一匹いない』のイラストです。 意味は、誰もいないことのたとえです。 例を一つ紹介します。 ・かくれんぼしているのだが、猫の子一匹いない…みんな家に帰ったの?

『寝首を掻く』のイラスト

2018/12/05   -ことわざ・慣用句
 

寝首を掻く 『寝首を掻く(ねくびをかく)』のイラストです。 意味は、相手を油断させたり信用させたりしてから、計略をつかって陥れることです。 例を一つ紹介します。 ・親友だと思っていた彼に、寝首を掻かれ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク